ブログ
2017-02-14

後悔しても遅いかも![フリーランスになる前に]やっておくべきこと

フリーランスになるにあたって諸々の手続きが必要となり、非常に忙しくなることと思います。 例えば、開業届、保険の切り替え、名刺作成、などなど。 そんな忙しくなる中でも是非覚えておいていただきたい、「フリーランスになってからでは遅いこと」をいくつか挙げてみますので、参考にしていただけると幸いです!

会社員のうちに必ず済ませておくべきこと3つ

会社員からフリーランスになると、それまで当たり前にできていたことが当たり前ではなくなってしまいます。
特に、フリーランスになると苦労するのが次の3つ。

  • 1.クレジットカード
  • 2.ローン
  • 3.賃貸契約

いくら優秀なエンジニアで、毎月ガッツリ稼いでいたとしても、「フリーランス」となると社会的信用は低いのが現状…。 社会的信用を築くのには時間がかかるものです。 そのため、上記3つには非常に苦労するとよく聞きます。

収入の証明になるものをかき集めても、フリーランスになりたての頃は、ローンが組めなかったり賃貸契約を結べなかったりする可能性が大きいです。 実際に私の友人(フリーランス1年目)も、引越しに相当苦労したそう。

クレジットカードを作ったり、ローンを組んだり、引っ越したりする予定があるのならば、会社員のうちに済ませておかれることを強くおすすめします!

(おまけ)「独立宣言」しておく

もう一つ、フリーランスになる前にすべきこととしては、ブログやSNSでの「会社やめます報告」。 退職理由やフリーランスになる旨だけではなく、前職ではどういった仕事を経験したのか、自分にはどんなスキルがあるのか、将来への熱い想いなども記載することで、履歴書代わりになるような記事が出来上がります。
その記事がきっかけで、思わぬところからフリーランスとしての最初の仕事依頼が来たりもするんだとか。

まとめ

フリーランスになると、営業、経理などあらゆる業務を自分でこなさなければなりません。 余計なストレスを感じること無くスムーズに仕事を進められるよう、環境整備をしっかりしておくことが大切です◎